☆北海道青年団体協議会の歴史

S22.3.16

 道青協結成大会を定山渓で開く

S22.4

 財団法人北海道青年社をおこし「革新道青」と合併雑誌「北海道青年」を発行する

S23

 北海道青年の歌(道青協歌)制定

S25.12

 全道女子幹部研修会を定山渓で開く

S26.8

 第2回全道青年大会(全道青年研究大会の前身)を栗沢町で開き、北海道青年会館建設を決議する

S27.3

 北海道青年会館建設基金募金募集巡回演劇会を1カ月に亘って開催

S27.7

 北海道青年会館完成

S28.11

 日青協、朝日新聞社主催の都道府県対抗の日本縦走青年オートバイレースに参加優勝

S32.12

 北海道青年会館移築、事務局を会館内に移転する

S33.4

 日中青年交換交流の日青協代表として道青協から参加する

S33.6

 雑誌「北海青年」休刊以来の懸案であった道青協情報第1号を発刊する

S34.11

 日ソ青年交換交流のソ連代表団一行4名を受け入れ、札幌・江別・函館で歓迎会及び交流会を行う

S41.2

 第1回沖縄調査団を派遣

S41.4

 吉田利昭氏日青協会長就任

S41.7

 北方領土復帰運動に真剣に取り組む。第1回北方領土調査団を派遣

S42.9

 道青協創立20周年を記念して「青年の像」を建立し道立青年の家にて除幕式を行う

S44.4

 基本目標に「北海道2世紀は青年の手で」を加える組織近代化促進委員会発足

S47.4

 北海道青年会館新築決議

S47.11

 第1回全道青年問題研究大会を函館市にて開催

S48.9

 全道青年大会を体育部門と文化部門に分離し文化の集い第1回北海道青年祭を札幌で開催

S49.7

 北海道青年会館新築

S51.1

 第13回全道青年研究大会にて領海12カイリ宣言要求が決議され道知事要請また日青協を通じ政府、各機関に領海12カイリ宣言するよう要請した

S52.1

 50年の歴史をもつ日本青年館が解体される

S52.3

 道青協創立30周年記念式典を北海道青年会館で行う

S53.2

 第16回全道青年研究大会、北海道青年会館にて開催される。尚この年より、ブロック持ち回り開催が実施される

S54.2

 日本青年会館新館オープン

S54.8

 第30回全道青年大会開催、真駒内屋内競技場にて開会式が行われる

S55.7

 北海道・東北青年団連絡協議会結成される

S55.8

 全道青年大会4年ぶりの地方開催、根室管内にて行われる

S56.3

 日青館建設募金完遂

S58.6

 道青協創立35周年記念式典を北海道青年会館で行う

S59.7~8

 サバイバル・イン・北海道が全道14支庁で開催される

S60.12

 IYY国際交流事業 北海道・東北ブロック日中友好青年の翼訪中する

S61.2

 中国東北3省、来訪

S61.4

 西井通泰氏日青協会長就任

S62.6

 中国東北3省、訪中

S62.7~8

 ふれあい体験活動事業

S63.6

 道青協創立40周年記念式典を北海道青年会館で行う

S63.6

 中国東北3省、来訪

H元.11

 中国東北3省、訪中

H2.8

 中国東北3省、来訪

H3.12

 中国東北3省、訪中

H4.11

 中国東北3省、来訪

H5.7

 中国東北3省、訪中

H6.6

 道青協創立45周年記念式典を北海道青年会館で行う

H6.7

 中国東北3省、来訪

H7.7

 中国東北3省、訪中

H10.2

 道青協創立50周年記念式典をフジヤサンタスホテルで行う

H10.10~2

 道青協創立50周年記念事業「ほっかいどうユースネット21(文部省委嘱事業)」4会場で行う

H10.11~2

 文部省委嘱事業「ユースフル212(北海道青少年交流推進事業)」を3会場で行う

H12.11

 中国東北3省、来訪

H13.12

 中国東北3省、訪中

H16.7

 中国東北3省、訪中

H17.3

 中国東北3省、来訪

H19.5

 本田徹氏日青協会長就任

H19.9

 中華全国青年連合会、来訪

H20.12

道青協創立60周年を祝う会を北海道青年会館にて行なう。

H20.12

北海道青年会館改修。